間違わない人財業者選定のポイント

手前みそかつ、誠に僭越ではございますが、思うところがありましたので、
コメントさせてください。

今後、事業を進める上で、外国人人財採用に直面する機会が増えていることと思いますが、
依頼する業者は、何を基準に選んでいらっしゃいますか?

コストでしょうか。
事業規模でしょうか。
紹介される人財のレベルでしょうか。

総合的に判断されると思いますが、
弊社がお勧めする、気をつけるべきポイントをお伝えいたします。

それは、

『担当者』

の対応いかんで決めるということ。

日本人、外国人問わず、人のお世話をするお仕事に関わる以上、
推薦する人財は誰でもいいワケではなく、
また、特に外国人は採用後、どれだけのフォローが入るかどうか。

人手不足が進む中、儲かるとばかりに、
新たなブローカーが数多く参入してきています。

そして、そこには大手企業も事業部を作り、
対応し始めているようです。

でも、人をお世話するビジネスは、そんな簡単なことではありません。
正直なところ、ブラサガリーマンには到底できません。

そして、実際に企業や人財と接するのは、
他の誰でもない、『担当者』です。

面倒で手間のかかるのが、人のお世話です。

ご縁を結んだ後は、仕事は終わったとトラブル対応しないとか、
するにしてもテキトーであったり。

人財にとって、間に入る担当者の影響力は、思いのほか大きなものです。

長い時間をかけて、労力を費やし、コストを支払って、
受入、採用した人材だからこそ、
スムーズに定着し、脇目をすることなく、成長に励んでいただきたいものです。

是非ご参考になさってみてください。

追伸:特に外国人財については、そのコストを下げることは容易に可能です。
   その人財の借金額が増えるだけですが。。。
   失踪は、借金額に合わない給与設定から返済できないためがほとんどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。